脱毛サロンの競争?

ムダ毛の自己処理は時代遅れ?今は脱毛エステの時代ですよね。

脱毛エステがこんなにも人気になったのは、「誰でも気軽に通えるサロン」になったから。
脱毛料金を見てみても、どこのサロンも今まででは考えられないようなリーズナブルな価格
提供していますし、サロンの雰囲気も、足を踏み入れにくそうな高級感ではなく、温かみが
感じられるような雰囲気に変わっていると思います。
また、美容機器の進化もあって「痛くない脱毛」ができるようになったことも、人気に火を付けたのでしょう。

今は、脱毛専門サロンも多く、大手エステサロンでも脱毛エステを大々的にPRしているところが多いので、もしかしたら脱毛エステ業界は、既に飽和状態になっているのかも知れませんね。脱毛技術とサロン(スタッフ)の質と価格の、激しい競争になっています。

money

それは、脱毛を受ける側にとっては、ある意味好都合なこと。
どこのサロンも、「どこよりも安く質の高い脱毛サービスの提供」を目標に、顧客確保で躍起に
なっているように見えるので、これからもますます良いサービスが登場するかも知れませんよね。

現に、人気の脱毛部位「両ワキ」をメインにしたキャンペーンの価格競争は激しいですよね。
ちょっと前は、「両ワキ脱毛し放題」が1.000円という価格に、多くの女性たちが飛びついていました。そのために予約が殺到してしまって、対応できないサロンもあったようです。
ところが、今ではさらに価格が低落し、ワンコイン脱毛や半コイン?脱毛まで登場しているくらいです。

また、両ワキ脱毛だけでは勝負にならないのか、両ワキに、足や腕などの人気部位をセットコースにしたキャンペーンを行っているサロンも出てきています。それも、リーズナブルな価格で新規顧客を取り入れて、顧客拡大を図ったサロンの狙いなのでしょう。

最近は、そんな価格競争を上手く利用して、脱毛サロンをかけもつ人も多いそうです。
例えば、両ワキ脱毛はAサロンで、足と腕はBサロンで、VIOはCサロンでというように、部位によって通い分けているようですが、リーズナブルな価格で決めて通い分ければ、脱毛費用を節約できますし、それぞれのサロンの質もわかるので、大きなメリットなのでしょう。